読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の鳴るブログ

鳴らないこともある

テストを書くとき

テストを書くときこういう風に書くと思う。

var T = require("./timbre.debug.js");
var assert = require("chai").assert;

describe("test1", function() {
  // テストのコード
});

mocha とか chai はブラウザでも実行できるので、そういうときは require をちょっと書き換えるだけでひとつのテストコードを使いまわせて楽だと思いました。

<script src="/timbre.js/timbre.debug.js"></script>
<script src="/timbre.js/misc/js/jquery.js"></script>
<script src="/timbre.js/misc/js/mocha.js"></script>
<script src="/timbre.js/misc/js/chai.js"></script>
<script>
  mocha.setup("bdd");
  var require = function(name) {
       return window[name] || timbre;
  };
</script>

<script>
var T = require("./timbre.debug.js");
var assert = require("chai").assert;

describe("test1", function() {
  // テストのコード
});
</script>
<script>$(function() {
  mocha.globals(["hasCert"]).run();
});
</script>