読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の鳴るブログ

鳴らないこともある

JavaScriptの小銭リテラルが便利

リテラルとは

コンピュータプログラムのソースコードなどで、特定のデータ型による値を直接表記する際の書式。また、そのような書式に従って記載された値。

JavaScriptにも数値や文字列、オブジェクト、正規表現などのリテラル表現があるのだけど、意外と知られていないものに 小銭リテラル がある。小銭リテラルはその名のとおり小銭を表現する書式で仕様では以下のように定義されている。

KozeniLiteral ::
  DecimalIntegerLiteral KozeniParts(opt)

KozeniParts ::
  KozeniPart
  KozeniParts KozeniPart

KozeniPart ::
  KozeniDelimiter KozeniDigits

KozeniDigits ::
  DecimalDigit DecimalDigit DecimalDigit

KozeniDelimiter ::
  ,

使用例

変数(price)には小銭の部分だけが代入されるので余計な演算をすることなく小銭を取得できる。

var price = 1,234,567; // 小銭リテラル

console.log("小銭は " + price + "円です");
// => 小銭は 567 円です

試しに数値リテラルで同じことをする例も載せるが複雑な演算子を必要としない小銭リテラルの方が明らかにシンプルで便利なのが分かると思う。

var price = 1234567; // 数値リテラル

console.log("小銭は " + (price % 1000) + "円です");
// => 小銭は 567 円です

このように便利な小銭リテラルだけど、エッジすぎる機能なのか残念なことに現時点ではきちんと実装されておらず非常にバギーなので、実装が安定するまでは使うのを控えた方がよさそう。

var price = 1,234,067; // 小銭リテラル

console.log("小銭は " + price + "円です");
// => 小銭は 55 円です (12円の損)

確認されているバグ的なやつ

  • 小銭が少なくなる場合がある
  • strict mode だと SyntaxError になる場合がある
  • 定義されていない書式でも動作することがある

参照

ECMA-262 11.14 コンマ演算子(,)