読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の鳴るブログ

鳴らないこともある

お焚き上げ2015

年末なので今年書いた npm モジュールをまとめてみます。


OscMsg v0.3.0

OSC のメッセージを JSON にデコード/エンコードするライブラリ。去年からちょくちょく OSC を使って Node.js と openFrameworks や Max/MSP と連携する案件を手伝ったりしていたので非常に重宝した。似たようなライブラリに node-osc-min というのがあるのだけど、壊れたデータを渡したときに例外が出るのとかブラウザ対応がいまいち気に入らなかったので自分で作った。とはいえブラウザで使うことはないなーという印象。


WebAudioScheduler v1.0.0

Web Audio API を使うときに必読の この記事 をベースに作ったスケジューリングライブラリ。時間と関数とパラメータを登録しておくと良いタイミングで呼び出してくれる。Web Audio API を使うときはこれがないと何もできないというレベルで重宝した。名前に反して Node.js でも動くので、そちらでも大活躍。(Web Audio API で使うときは AudioContext#currentTime の時間を指定、そうでないときは Date.now() / 1000 の時間を指定できる)


ADSREnvelope v1.0.0

Web Audio API で ADSRエンベロープを作るのが意外と難しいので、それだけのために作った。ADSR の各パラメータを設定すれば、それに応じた AudioParam 向けのメソッドを生成してくれたり、x秒時点の値を計算してくれたりする。後者の機能は Node.js でも動くので、そちらでも大活躍。デモサイトではエンベロープを可視化したりできる。


Ciseaux v0.4.0

Web Audio API の AudioBuffer を切ったり貼ったり編集できるやつ。がーっと編集して最後に WebWorker でレンダリングするみたいな少し凝った構成になっていて、作って満足した感があった。wav の読み込み/書き出しのみなら Node.js でも動く。


InlineWorker v1.0.0

github.com

関数からWebWorkerを作るやつ。上のライブラリで使っている。Node.js でも動く。ここに書いたやつ。


SeqEmitter v1.2.0

簡単にシーケンサーを作るためのベースモジュール。楽譜情報のイテレーター (timeという要素を返すオブジェクトを返すやつ) を渡すと良いタイミングでイベントとして発火してくれる。


IntervalIterator v1.0.0

上のモジュールで使っているやつ。time という要素を持つオブジェクトを返すイテレーターをラップして、1秒単位とかでまとめて返してくれるイテレータ


MIDIKeyboard v0.2.1

MIDI キーボードの演奏情報をイベントエミッターの API で受信できるやつ。Web MIDI API と Node.js で使える。


LaunchControl v0.4.3

Novation LaunchControl の捜査情報をイベントエミッターの API で受信できるやつ。Web MIDI API と Node.js で使える。


MIDIDevice v0.4.1

上記の2つのベースになっているモジュール。Web MIDI API と node-midi の差を吸収するみたいなやつ。ここに書いたように親クラスを切り替えて継承して使う。


他にもあったと思うけど忘れた。という感じ。

だいぶ前に作ったライブラリが未だに人気があるので、来年はこれをやり直そうかなと思っていて、さいこうの仕様を考えながら年越しをしたいと思います。