読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音の鳴るブログ

鳴らないこともある

古めかしいCGを描くためのライブラリ gretro です

gretro - JavaScript graphic library for retro CG

最近、昭和っぽい気持ちのCGを描きたい感じで20年くらい前の本を参考にしながら とか とか描いて遊んでいたのだけど、古い本を参考したら昭和っぽい絵が描けるというわけではなくて、Canvas に描くとどうしてもモダンな感じになってしまうという問題があった。

昔は4096色中の16色しか使えないとか座標は整数のみとか色々制約があって、それでも絵を描くためにタイルパターン(2色を交互に並べたりして中間の色を出す)とか駆使していたのだけど、今の Canvas だと16777216色、透明あり、小数の座標、アンチエイリアスも利くとか表現力が格段に高くてちょっと描いただけですぐモダンな感じになってしまう。大は小を兼ねるとか言ってもちろん Canvas でもピクセル単位に描画して昭和っぽい絵を描くことは可能なのだけど、そのための便利な方法がなさそうなので作った。

主な特徴

  • 全4096色中16色同時使用可能!!!!
  • 32種類のタイルパターン、そのうち16種類はカスタマイズ可能!!!!
  • プラグインシステムで便利描画関数を拡張できる!!!!

頑張って作ってみたは良いものの、これを使って絵を描くのは結構大変で、ひとつひとつ丁寧に試行錯誤する必要があって、飽き性な自分には使いこなせそうにない。READMEまでは頑張って書いたけど、ドキュメント は途中までしか書いていなくて興味がある人がいるなら続きを書こうかなという感じ。